WHO 国際統計分類協力センター

Collaborating Centre for the WHO-FIC in Japan

センター概要

センター概要

センター概要

日本WHO国際統計分類協力センター
WHO協力センター(WHO Collaborating Centre : WHO CC)は、WHOのプログラムを支援し活動を実行するために事務局長の指定を受けた研究機関、大学の一部、アカデミーなどの機関です。現在、80以上の加盟国に800以上のWHO協力センターがあり、看護、労働衛生、感染症、栄養、精神衛生、慢性疾患、保健医療技術などの分野でWHOと協力し活動しています。
https://www.who.int/about/collaboration/collaborating-centres

日本では、厚生労働省政策統括官付参事官付国際分類情報管理室が、WHO西太平洋地域事務局長よりWHO国際統計分類協力センターの指定を受けています。現在、下記の関係機関の協力を得て「日本WHO国際統計分類協力センター協力ネットワーク」を組織し、センターとしての役割を果たしています。
【日本WHO国際統計分類協力センター協力ネットワーク】
  • 厚生労働省政策統括官付参事官付国際分類情報管理室
  • 国立保健医療科学院
  • 国立障害者リハビリテーションセンター
  • 国立がん研究センター
  • 国立国際医療研究センター
  • 国立成育医療研究センター
  • 日本病院会日本診療情報管理学会
  • 日本東洋医学サミット会議